プアオーディオブログ

貧民のためのオーディオと趣味のブログです。

Macbook Proは高音質

13インチ、Touch BarなしのMacbookProを買いました。

プロセッサがInter第7世代なので2017年モデルだと思います。

17万円くらいしたと思います。

www.apple.com

 

書いてあること

1 前置き

2 環境について

3MacWindowsPCの音質について 

 

 

 

 

前置き 

Macユーザーの友人曰く、Macは音質がよいとのことでした。

ネット上でもWindowsPCに比べて、Macのほうが音質が良いという意見が少し、みられますね。

その逆はあまり見かけません(私が知らないだけかもしれません)

MACのパソコンとウィンドウズのパソコンの決定的な違いにつきまして

Windowsの音質が悪くてビックリした話 - すまおじ.com

PC ネットワーク オーディオ高音質への手引き。逸品館が考えるより良い音、より良いオーディオとは。



 せっかく、MacbookProを購入したので、WindowsPCに比べて、音質がよいのかどうか、確認してみたいと思います。

また、iPhoneの音も、聴いてみたいと思います。

 

MacApple製品)の音質と、USB DAC武装したWindows10マシンの音質も比較します。

 

Macbook proは、プロケーブルのサイトで紹介されている、「機器セット」を設定しました。

procable.jp

 

 

 

 

 

 

点数が大好きです。

感覚ですが、WindowsPCを10点として、点数をつけさせてください。

 

 

 

比較する環境

Macでの音楽再生の環境は以下の通り、Mac及びiPhoneのアナログ出力から、自家製真空管アンプに接続し、AKG K701で音楽を聴きます。

Macとアンプをつなぐケーブルはオーテクのクソ安ケーブルです。f:id:spasexrom:20181014230524j:plain

音楽再生ソフトはiTunesです。

Audirvanaを使いたかったのですが、お金がなくて買えませんでした。

audirvana.com

 

 

 

 

Windows10のパソコンの環境は以下の通りです。

DA-10という、1万円くらいのポタアンをDACとして使い、同じく自家製アンプに繋ぎます。

ケーブルは同じくオーテクのクソ安ケーブルです。

f:id:spasexrom:20181014230530j:plain

音楽再生ソフトはJRiverMediaCenter23です。

jriver.com

WinPCは自作です。

グラフィックボードとUSB増設ボードが高音質の秘訣です。

適切な、PCIeスロットに取り付けるUSBボードを購入し、導入すれば、音質が向上します。

私は、US3-2PEXS

PCオーディオ音質向上!/tX-USBexp&FanNoiseFilter2 – zionote@blog

【USBインターフェイスカード】USB-DACの音質向上!REX-PEU3X(RATOC)【レビュー】

USBボードはちゃんと選べば音質がよくなるようです #お薦めUSBボード – purepureさんの個人的日常 正式版

価格.com - 『PCオーディオ用途です。』 RATOC REX-PEU3 (USB3.0) 咲夜@メイド長さんのレビュー評価・評判

これらの記事をご覧ください。

 

再生ソフトによって、音質は大きく異なるので、Macで適切な、つまり、有料の音楽再生ソフトが使えなくて残念です。

Audirvanaを買える日がいつか来るかもしれません。

 

 

 

 

 

 

MacWindowsPCの音質について 

さて、聴く曲は以下です。

 

f:id:spasexrom:20180616151658j:plain

 Pure-AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICSから、夢想歌(1)

Pure AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICS - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】

f:id:spasexrom:20180616152221j:plain

軌跡jdkアクースティックスからセルリアンブルーの恋(2)

軌跡 jdk アクースティックス - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】

f:id:spasexrom:20181014233517j:plain

Quiet Winter NightからVed baletDele ale ord og tanker(3)と(4)

Quiet Winter Night - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】

 

録音がよいと言われているアルバムを選んで聴きました。

 

 

 

 

 

(1)について

MacもWinパソコンも、女性ボーカルの、あでやかな歌声を楽しめました。

 しかし、MacはWinに比べて、空間がやや狭く、解像度が低いです。

これは再生ソフトがiTunesだからだと思われます。Audirvanaに変更すれば確実にWindowsPCに並ぶ音が出るでしょう。

 iPhone は上の2つに比べるとレベルは下がります。しかし、そこらのDAPに負けるような音ではありませんでした。iPhoneの音を超えるには5万円以上のDAPが必要だと思います。

 

 

WinPC 10点

Mac  8点

iPhone 6点

 

 

 

 

 

(2)について

高解像度な音源で超リアルな音響を再現しているそうです。

 

 WidowsPCでは立体感のある音がでました。解像度が高く、歌声の背景で鳴るバイオリンの音もはっきりと聴き取ることができました。

Macでも同様でした。

 

WinPC 10点

Mac  9点

iPhone 7点

 

 

 

 

 

(3)と(4)

響きのきれいな、教会で録音された曲です。

声や楽器の余韻が心地よいです。

 

WinPCでは空間が広く、教会の独特の音の響きを楽しめました。

Macでも、WinPC同様、高解像度で、クリアな音質でしたが、音に立体感がなく、平面的でした。

これは、iTunesが原因だと思われます。

 

 

WinPC 10点

Mac  8点

iPhone 5点

 

 

 

 

 

 

結論

MacbookPro(の内蔵DAC)の音質はいいです。

これは間違いありません。

しかし、iTunesではMacの本来の音質が発揮されません。

 

もし、MacでPCオーディオを始めるなら、外付けのUSB DACは不要と思われます。

Audirvanaかなんかの、高品質音楽再生ソフトを購入して、残りの予算をアンプに費やすといいです。

本来、DACに費やされるはずのお金を、ヘッドホンならば、ヘッドホンとヘッドホンアンプに、スピーカーならば、スピーカーとプリメインアンプに使うべきですね。

 

 

 

 

さいごに、

音楽再生ソフトは、音質に大きな影響を与えます。

Macの再生ソフトがiTunesであったことは、公平ではありませんでした。

Audirvanaなどの、高音質ソフトを使った場合では、評価が変わるはずです。

断言いたします。

再生ソフトで音が変わるということは、本当に多くの方がおっしゃっています。

音楽再生ソフトで音質は変わるのかな?(追記アリ) : 例の仮想通貨BLOG

PC 音楽再生ソフトを比較してみた - 使ってみた いろんなオーディオ・PC機器

【PCオーディオ】パソコン用オーディオプレーヤーでも音質が変わる!?聴き比べチェック!!【無料ソフト】 - コスパ重視のオーディオレビュー

PC上の音楽再生ソフトはどれが一番高音質? その1 uLilith/Foobar2000/WINAMP ◆AUDIO STYLE◆

難易度レベル別で紹介!PCの音質を向上させる7つの方法 - Moxbit

流行のハイレゾ再生、ソフト選択で音質劣化に

[試] 高音質プレーヤーで音楽を楽しむ | 高音質ソフトでPCオーディオをレベルアップ | 試行錯誤ライフハック

【PCオーディオを極める!】お勧めPCオーディオ再生ソフト JPLAY 導入編 | | 吉田苑 オーディオ機器【アンプ・スピーカー】

 

 

WindowsPCで使える、高音質再生ソフト達は下です。

ハイレゾ再生が可能な高音質再生ソフトを7つ紹介 - プアオーディオブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイレゾ再生が可能な高音質再生ソフトを7つ紹介

ハイレゾ再生が可能な高音質再生ソフトについて考える - プアオーディオブログ

上の記事ではPCオーディオを楽しんでいる方からすれば、非常に常識的でありきたりなソフトを3つだけ紹介しました。

 

 

ここでは、更に上の音質を目指す上で必要なソフトウェアをいくつか紹介したいと思います。

個人の感想にはなりますが、ランキング形式で、順位をつけさせていただきます。

いずれのソフトウェアでもハイレゾ(192kHz/24bit)の再生が可能です。

  1. JRiver Media Center
  2. Bughead
  3. Wave Pcm Upconvert Player
  4. XXHighEnd
  5. PlayPcmWin
  6. cPlay+cMP

  7. Stealth Audio Player

 各評価の最後に公式サイトへのリンクがあります。

 

 

 

ここでは評価の内容、評価するときに使う言葉について定義することにしました。

 

 

 音質100点満点で評価します

 

語彙力がありません。

できるだけ簡潔明瞭に感想を書きたいと思いますが、曖昧な表現があります。

ごめんなさい。

JRiverMediaCenterがリファレンスです。

 

 

テンプレ


解像度
クリアさ
情報量
音の傾向
音の広がり方

その他

 

これらについて評価します。

 

表現

解像度の高さについての表現を定義したいと思います。

 

圧倒的に高い。・・・・最上級

極めて高い。・・・・・2番め

非常に高い。・・・・・3番め

高い。・・・・・・・・普通

 

というふうに階級を分けていきたいと思います。

 

音の広がり、立体感について

ここでは、下記の図を使って、音の広がり、立体感について考えます。

縦方向もあると思いますが、よくわからないので前後左右の4方向だけにしました。

 

f:id:spasexrom:20180616155159j:plain

 

自分の頭の方に来る音をF

左右に広がる音をLとR

後ろの方に広がる音をB

として考えます。

LR方向に積極的に広がる音を「平面的な音」と、ここでは定義します。

FBLRと、全方向にバランスよく広がる音、三角形BLRを作る音の広がり方、三角形FLRを作る音の広がり方、この3つを「立体的な音」と定義します。

 

環境

f:id:spasexrom:20180616151427j:plain

貧弱ではありますが、上記の環境にて聴きます。

貧困のためのオーディオなのでゆるしてくださいませ。

 

 

比較に使った楽曲

f:id:spasexrom:20180616151658j:plain

   Pure-AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICSから夢想歌

 

 

f:id:spasexrom:20180616152124j:plain

一青窈ハナミズキ

 

 

f:id:spasexrom:20180616152221j:plain

軌跡 jdk アクースティックスからセルリアンブルーの恋

 

 

 

f:id:spasexrom:20180616152312j:plain

Waltz for DebbyからWaltz for Debby

 

この4曲をそれぞれのソフトで聴いた感想です。

 

 

JRiverMediaCenter(JRMC)

解像度は高く、クリアな音です。

情報量は普通です。

音の傾向は若干高域よりな印象をうけます。

LR方向への広がりが強い、平面的な音だと思います。

 

85点です。

 

www.jriver.com

 

 

Bughead

最強です。

B方向に広がりを持った、立体的な音だと感じました。

解像度は圧倒的に高く、クリアーかつ明瞭な音です。

スッキリした音で、フラットな傾向だと思います。

小さい音まではっきりと聴こえます。

JRMCにくらべて情報量が多いです。

98点の音です。

oryaaaaa.world.coocan.jp

 

WavePcmUpconverPlayer(WPUP)

ビット拡張と高域補間をしながら再生してくれるソフトです。

音質はクリヤーでJRMCに比べて、若干FB方向への広がりを感じます。

解像度は高いです。

86点です。

 

下記リンクよりサイトにアクセスできます。

Wave Pcm Upconvert Player / DSD to PCM Converter

 

XXHighEnd

なかなか聞かない名前ですが、超高音質プレーヤーであることは間違いありません。

めちゃくちゃ怪しいソフトウェアです。

音質はとても良いです。

 

解像度は高いです。JRMCと同等です。

とてもまろやかな音質です。(高音が刺さらない)

厚みのある音(中音が豊富?)で、心地よい音をだします。

情報量は多めですが、Bugheadには及ばない感じですね

FBLRの全方向に程よく広がり、ひし形を描くような、バランスの良い立体的な音です。

96点です。

f:id:spasexrom:20180616162702j:plain

 

www.phasure.com

 

 

PlayPcmWin(PPW)

WASAPI専用のようです。

重厚な音です。重厚な音とはなんでしょうね。

f:id:spasexrom:20180616162434j:plain

こんなイメージです

かまぼこですか?

 

情報量はJRMCと同等、解像力も同程度です。

 

85点です。

 

https://sourceforge.net/p/playpcmwin/wiki/PlayPcmWinJp/

 

cPlay+cMP

cPlayは

cMPという、パソコンの機能を止めるソフトと併用するといいらしいです。

f:id:spasexrom:20180616163053j:plain

デスクトップが消えてしまいました。

 

解像力は非常に高く、Bugheadに迫ります。

情報量はかなり多めです。

解像度、情報量はJRMCより上です。

傾向はフラットです。

音はB方向に少し広がります。

劣化版Bugheadといったところでしょうか。

94点です。

 

http://cicsmemoryplayer.com/index.php

 

StealthAudioPlayer(SAP)

GUIが存在しないプレーヤーらしいですね。

.batのファイルでの操作になります。

解像度は極めて高いです。

情報量はcPlay+cMPと同等。

高域に力の入った音だと思います。(少し刺さるか?)

F方向に音が出てくる感じです。

93点です。

 

Minimalist Audio Player

 

 

Bugheadが頂点。

その下でXXHighEnd,SAP,cPlay+cMP3つが競う形になりました。

上位4つは難易度が高い(使うのが面倒くさい)分、音も良いようです。

 

JRMC,PPW,WPUPの3つは簡単に使える分、音のレベルは低下する、といった感じでしょうか。

 

 

他の有名な音楽再生ソフトについて

この手の「高音質音楽再生ソフト」と呼ばれているもので人気なのはfoobar2000MediaMonkeyLilith

といったソフトたちです。

はっきりいいますと、上記4つのソフトはここで紹介した7つのソフトに音質で負けています。

 

ここで紹介した7つのソフトに比肩する音質のソフトはHQPlayerとJPLAYだけです。

ただ、(音楽再生ソフトとしては)あまりにも高額です。

 

まとめ

使い分けが大事。

 

 

 

 

 

 

 



 

高域補間を行ってくれるアップサンプリングソフトについて

 ハイレゾ音源は高い

貧乏な私はハイレゾ音源を買うなんてのは無理です。

BOOK OFFで100円で売られているCDを買うことくらいしかできません。

そんな人達(私)のためにアップサンプリングという技術があります。

 

アップサンプリングによってCD音源をハイレゾ化する、なんてことができるようです。

いわゆるニセレゾですね。

アップサンプリングは音源を劣化させていると考える方もいるようですが、ここでは、劣化ではなく、変化として、アップサンプリングを楽しむことにします。

e-onkyoで売られているハイレゾ音源のなかには、K2HDという技術によってアップサンプリングされたものも存在するみたいですね。

 

【第73回】「ニセレゾ」疑惑の真相とは − K2HDのハイレゾは本当にハイレゾか? (1/7) - PHILE WEB

K2HDマスタリング

K2HDのハイレゾ音源に気をつけろ!! | 左に右折-TRTTL-

FLAIR | K2HD

偽ハイレゾ音源に騙されるな!K2HDアップサンプリング音源に注意せよ! | 同人イラスト・漫画・同人サークル|infernoayase-インフェルノアヤセ-

K2HD MASTERING | K2 TECHNOLOGY

Review - 透明のウイルス

 

 

 

 

アップサンプリングと、高域補間ができるソフトウェアがあります。

 

高域補間とは、アップサンプリングによって、ナイキスト周波数が上がるのを利用して、元音源のナイキスト周波数より上の高音域を付け加えることです。

CDのナイキスト周波数は22.05kHzです。これ以上の高音域はナイキストの定理によって失われます。

人間が聞き取れる音は約20kHzまでですから、それに基づいて、CDのサンプリング周波数が決められたと考えれば自然です。

20kHzの波形を復元するには、その二倍の40kHzでサンプリングすればよいのです。

 

96kHzのハイレゾ音源のナイキスト周波数は48kHzです。

96kHzでサンプリングしたデータはその二分の一の周波数まで復元できるので、48kHzになります。

96kHzのハイレゾ音源を、スペアナで見てみると、そのナイキスト周波数である、48kHzまでの波形が見られるはずです。

 

f:id:spasexrom:20181025230314p:plain

 

 

 

 

 

 

 

Upconv

Upconvはアップサンプリングとともに、高域補間を行ってくれるフリーソフトです。

フリーソフトのページ

フリーソフト - upconvfe 0.7.x の仮公開: 59414d41のブログ

 

この2つのリンク先の説明を読めば、Upconvの高域補間の手法と、そのメリットがわかります。

ダウンロードは下のリンク先からできます。

 設定がいささか難解なので、マニュアルを読むべきです。

 

 

 

Upconvの解説をしているサイト

擬似的にCD音源をハイレゾ化するアップコンバートツール – Upconv - 道すがら講堂

CD のハイレゾ化 勉強中

20141229

ハイレゾ音源の価値|IKUN|note

 

 

実際に変換してみます。

今回は、カラヤン指揮の惑星から一曲選びます。

もちろんCDです。

木星を選びました。

f:id:spasexrom:20181026015300j:plain

 

 

波形をみてみると、こうなっていました。

f:id:spasexrom:20181026020556p:plain

f:id:spasexrom:20181028003231j:plain

CDなので、20kHzくらいで音が途切れています。

 

 

 

 

 

 

Upconvの基本設定です。

各項目、どのような役割があるのか、みていきます。

 f:id:spasexrom:20181026020002j:plain

 

HFCという欄はカットする周波数です。

HFAの欄をHFA3に設定し、HFC欄に20000と入力します。

すると、20kHz以上の周波数をカットし、補間します。

 

余裕をもたせて、19800という値を入れました。

これで、19.8kHz以上の周波数をカットして、そこから先を補間してくれるはずです。

 

サンプリングレートは4倍の、176.4kHzに設定しました。

Upconvによる処理後、スペアナでみると、19.8kHz以上に波形がみられるはずです。

 

ビット数は24bitにしました。

32bitFloatに設定できるのですが、32bitFloatでは、ダイナミックレンジは24bitと同じ、144dbなので、ファイルサイズが増えるだけで、あまりメリットがないのでやめました。

 

 

 

 

次はExtra設定です。

f:id:spasexrom:20181026005354p:plain

 

HFC Autoは、HFCを手動で設定したのでチェックを外します。

 

ハイパスディザのカットは、不自然に高域が強調されるのを抑える機能のようです。

頼りたいと思います。

 

低域調整は低域の音声レベルが小さくなっているものに関して、補正してくれる機能です。

悪くなることはないと思うので、チェックをいれました。

 

オーバーサンプリングについてですが、余裕をもたせたほうが良いのではないかという、素人の浅薄な考えでチェックを入れました。

 

出力モードについては、いまいち理解できなかったので、聞き慣れた、ノイズシェーピングを選択しました。

ディザレベルにも特に意図はありません。

 

 

 

Option2です。

ここではノイズリダクションや、高域を弱める設定ができます。

 f:id:spasexrom:20181026010003p:plain

ノイズリダクションはしません。

下手なノイズリダクションは、音楽を変質させてしまいそうで怖いからです。

また、今回の音源はノイズが殆ど無いので必要ないと感じました。

 

ローパスフィルタは高域が強いと感じた場合に使うと有効です。

最初なので、ここは空白にしておきます。

 

 

 

設定はこの辺で終わりにして、実際に変換してみたいと思います。

開始ボタンを押せば、変換が始まります。

 

 

 

変換中のCPU使用率とメモリの使用率をみてみました。

Upconvが重いソフトだとよくわかります。

32GBあるメモリのうち、約23GBが使われてしまいました。

f:id:spasexrom:20181026010656p:plain

 

 

 

10分くらい経って、変換が終わりました。

最新のCPUを積んだPCならもっとはやく変換できると思います。

 

 

変換された音源をみてみます。

 

変換後の波形です

f:id:spasexrom:20181026021032p:plain

f:id:spasexrom:20181028003724j:plain

 

40kHzあたりまで波形が現れました。

しっかりと、高音域を補間してくれたようです。

元データと聴き比べて、良いと感じたら本当の成功です。

 

 

 

同じ曲ではないのですが、本物のハイレゾ音源の波形です。

f:id:spasexrom:20181026021534p:plain

f:id:spasexrom:20181027224611j:plain

 可聴域外の超高域があることがハイレゾ音源である根拠になるとは思いませんが、こうして超高域まで波形が見られると、安心します。

全く何も見られないと、ちょっと不安な気持ちになります。

しかし、96kHzという、可聴域を遥かに超えた周波数まで音が出る楽器はないので、20kHzを超えたあたりから何も見られなくなりました。

 

リン・レコーズのMozart: Requiem です。

f:id:spasexrom:20181026021810p:plain

Mozart: Requiem (Reconstruction of first performance) - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】

【連載】世界の高音質レーベル詳解 「Linn Records リン・レコーズ」 - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】

 

 

 

さて、アップサンプリング及び高域補間を行った音源の音質についてです。

CD音源で感じていた、窮屈さが軽減されました。

高域が自然に伸びていて、とても聴きやすいです。

楽器の響きも美しくなったと感じました。

高域補間の効果は間違いなくあると思います。

 

 

 

 

本物のハイレゾ音源と、Upconvでアップサンプリング&高域補間を行った音源を見比べてみます。

Upconvの高域補間がどのくらいの精度で失われた高域を復元できるのか気になりました。

 

まず、e-onkyoなどで販売されている本物のハイレゾ音源を用意します。

それをダウンサンプリングして、CDクオリティ(44.1kHz)のデータにします。

そのデータをUpconvで元のサンプリングレートまでアップサンプリング&高域補間をします。

2つのデータをWaveSpectraにかけて、見比べます。

 

 

「軌跡jdkアクースティックス」というアルバムから一曲選びます。

これはe-onkyoで販売されていて、説明には、

業界初の(Hi-Res音源)録りおろしアルバム

と書かれていましたので、間違いなく、ハイレゾだと思います。

f:id:spasexrom:20180616152221j:plain

軌跡 jdk アクースティックス - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】

 

96kHz、24bitの音源です。

波形はこのようにみられました。

f:id:spasexrom:20181027023635j:plain

f:id:spasexrom:20181028005630j:plain

96kHzの二分の一である、48kHzまで音の存在が確認できました。

 

これをEcoDecoTooLというソフトでダウンサンプリングします。

f:id:spasexrom:20181027022737p:plain

 

このような波形になりました。

22.05kHzまで音が入っています。

f:id:spasexrom:20181027023648j:plain

f:id:spasexrom:20181028005702j:plain

 

 

 

Upconvを用いて、さっきと同じ手順でアップサンプリング&高域補間を行います。

 

元音源と同じ、96kHzに変換した音源と、44.1kHzの2倍の88.2kHzのものとで、2つ作りました。

f:id:spasexrom:20181027030954j:plain

f:id:spasexrom:20181028005753j:plain

96kHz

 

 

f:id:spasexrom:20181027031024j:plain

f:id:spasexrom:20181028005811j:plain

88.2kHz

 

もとの波形とはだいぶ違いますね。

高域補間は、あくまで予測による補間なのだと再認識します。

 

 

 

最後

Upconvは素晴らしいソフトです。

アコースティックの、生楽器を使ったもの、クラシックとかそういうものをUpconvでアップサンプリング&高域補間をすると、基本的に素晴らしい音になります。

例えば、バイオリンの音は、Upconvで高域補間を行うと、より自然にきこえます。

44.1kHzの音源では、不自然とはいいませんが、なんとなく窮屈さを感じます。

 

どうじに、Upconvは難しいソフトだと思います。

最初は、設定項目が多く、何をどう設定すればよいのか、わかりませんでした。

自分で設定を弄って、自分好みの音をつくるしかないのでしょう。

ワンタッチで、簡単にハイレゾ音源が手に入る、というソフトではないと思います。

Upconvで高域補間を行うと、ノイズが入ってしまう音源もありました。

 

それでも、成功した音源の音は素晴らしいものです。

 

 

 

 

 

私にとって、Upconvは難解なソフトです。

それゆえ、この記事には、間違った部分があると思います。

その場合は、間違いを指摘してくださるととても嬉しいです。

その他、Upconvのおすすめの設定があれば、どうぞ、教えてください。

Upconvと検索しても、その設定についての記事はあまりヒットしません。

これの設定について、シェアしていただくと嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイレゾ再生が可能な高音質再生ソフトについて考える

 

下記をどうぞ

超高音質ソフトを紹介しています。

ハイレゾ再生が可能な高音質再生ソフトを7つ紹介 - プアオーディオブログ

 

 

 

今日は音楽再生ソフトについて考えたいと思います。

音楽再生ソフトって色々ありますね。

いくら上質なアンプとヘッドホンを揃えたとしても、データを処理するソフトウェアが悪くてはしかたがないのです。

 

  • JRiverMediaCenter
  • HQPlayer
  • Bughead

 

この3つです。上2つは有料、最後のは無料です。

 

JRiverMediaCenter

これは有料ソフトです。5000円くらいでかえます。

音質も使い勝手も非常に良いです。

 

 

音楽ファイルをぶちこめば適当にまとめてくれるので便利です。

 

www.jriver.com

 

HQPlayer

 さまざまなフィルタが用意されており、自分の好みの音をつくれます。

JRiverMediaCenterのような便利なソフトではありません。

音質は最高レベルによいのですが、値段が高すぎます。

17000円くらいしたはずです。

貧乏人がおいそれと手を出せるような価格ではありません。

Signalyst

 

 

Bughead

音質はHQPlayerと同様、最高です。

私はBugheadをうわまわる音質のソフトを知りません。

 

使い勝手はかなり壊滅的です。

また、Bugheadの衛星的ソフトウェアも同時に使用しなければならず、難易度は高いと思います。

 

oryaaaaa.world.coocan.jp

 

こちらをどうぞ

ハイレゾ再生が可能な高音質再生ソフトを7つ紹介 - プアオーディオブログ

マニアックなソフトが多いです。

 

 

 

 

 

 

おすすめUSB DACとヘッドホン

ヘッドホン

AKG K701

kakaku.com

 K712

kakaku.com

 

どうせ、バランスで聴かないのでこれでいいんです。

バランス接続ができるアンプは高いので買えません。

K712にベルデンの88761でできたケーブルにリケーブルすれば完璧だと思います。

シングルエンドの最高峰かな?

procable.jp

 

kakaku.com

 AKGのフラッグシップです。

T1を凌駕する解像力と正確な定位をもつヘッドホンです。

解像力はHD800より高いです。

 

 

USB DAC

 

 

DA-310USBです。

DENONのハイエンドヘッドホンアンプです。

kakaku.com


Advanced AL32 Processing Plusという、いわゆるアップサンプリング技術が搭載されているようです。

注意ですが、ラインアウトでは音が悪くなります。

ラインアウト用にPCM1795が用意されており、このDAC/アンプのウリである、DDFAによる、DA変換はヘッドホン出力にのみ有効です。

 

コスパなメーカー

 

Schiit Audio, Headphone amps and DACs made in USA.

 

Lightroomのクラックのしかた

写真を生業としてる方、趣味としてる方、みんながよく使う写真編集ソフトといえばLightroom

とても便利なソフトです

でも高い

 

無料で使う方法をご紹介

 

1.Torrentをダウンロードしてインストール

 下記URLからダウンロードアンドインストール

http://www.utorrent.com/intl/ja/

2.Lightroomをダウンロード

下記URLからμTorrentに読み込んで任意の場所にダウンロードします

https://kickass.cd/adobe-photoshop-lightroom-cc-2015-6-1-crack-tt12023937.html

 

3.zipファイルを解凍

ダウンロードしたら任意の場所に展開してください

 

4.インターネット接続を切断

機内モードにするか、LANケーブルを抜いて、ネットにつながってない状態にしてください

これをしないと失敗します

 

5.Photoshop Lightroom 6.0を開いて「Set-up.exe」を起動してインストール開始

f:id:spasexrom:20170822235804j:plain

体験版としてインストールしてください。そうしないと失敗しちゃいます

 

f:id:spasexrom:20170822235900j:plain

インターネット接続を切断したことを確認したうえで、サインインをクリック

f:id:spasexrom:20170823000015j:plain

もちろんサインインできないので後でサインインをクリック

f:id:spasexrom:20170823000130j:plain

利用規約に同意

f:id:spasexrom:20170823000209j:plain

任意の場所にインストール

f:id:spasexrom:20170823000241j:plain

インストールが完了したらすぐ起動

 

f:id:spasexrom:20170823000342j:plain

ネット接続は切断したままにして、あとでサインインをクリック

f:id:spasexrom:20170823000427j:plain

体験版として起動(重要です)

 

 

6.アップデート

まだインターネットに繋いじゃだめですよ

つぎはアップデートです

「Update」フォルダー内の「AdobePatchInstaller.exe」を起動してアップデートしてください

 

7.クラック

クラックします

5.でLightroomをインストールしたフォルダーを開きます

「Crack」フォルダー中の「amtlib.dll」を上で開いたフォルダーにコピーします

これで一通りの作業はおわりです

もうインターネットに接続しても大丈夫です

 

8.Lightroomファイアウォールでブロック

これが最後のさぎょうになります

 FirewallAppBlockerかなんかでLightroomをネットに繋げないようにしましょう

 

 

あとはエンジョイ