プアオーディオブログ

貧民のためのオーディオと趣味のブログです。

CD、圧縮音源のアップサンプリングについて

 ハイレゾ音源は高い

貧民はハイレゾ音源を買うなんてのは無理です。

BOOK OFFで100円で売られているCDを買うことくらいしかできません。

そんな人達(私)のためにアップサンプリングという技術があります。

 

アップサンプリングによってCD音源をハイレゾ化する、なんてことができるようです。

アップサンプリングは音源を劣化させていると考える方もいるようですが、ここでは、劣化ではなく、変化として、アップサンプリングを楽しむことにします。

e-onkyoで売られているハイレゾ音源のなかには、K2HDによってアップサンプリングされたものも存在するみたいですね。

 

 

 

アップサンプリングができるソフトウェアをいくつか紹介してみたいと思います。

 

 1.AudioGate

 2.Upconv

 3.wave pcm upconvert player

 

音源はメトロという曲を使います。

f:id:spasexrom:20180526041707j:plain

 

 

元の波形はこんな感じです。

f:id:spasexrom:20180526042048p:plain

 

 これを、AudioGateでアップサンプリングすると・・・

f:id:spasexrom:20180526042142p:plain

 

 こんな感じの波形に・・・・

f:id:spasexrom:20180526042422p:plain

22.5kHzから先の高域が無いじゃないですか・・・?(赤の斜線の部分)

これはハイレゾと呼べるのか?

なにはともあれ聴いてみましょう。

・・・うーん、元の音源に比べてなめらかになっているような・・・?

正直、元音源との差は微々たるものだと思います。

 

 

次は、Upconvを試します。

Upconvは高域補間をしてくれるソフトです。

K2HDみたいにです。

 

このような設定でやります。

 

f:id:spasexrom:20180526125112p:plain

f:id:spasexrom:20180526125225j:plain

 

しっかり、高域補間されていますね。

f:id:spasexrom:20180526125525p:plain

この曲をアップサンプリングしたら、チリチリとノイズが入ってしまいました。

別の曲ではなんともなかったので、曲を選ぶソフトのようですね。

万能のソフトではないです。

ホルスト木星をUpconvでアップサンプリングしたときは、息を呑む音質でした。

高域の伸びが全く違います。

設定と音源がマッチして、成功すれば音は大幅によくなります。

 

次はwave pcm upconvert playerです

こちらも、高域補間のソフトです。

使い方は簡単で、曲をドラッグ・アンド・ドロップで読み込んだら、OUT FILE(赤丸)を押すだけです。

f:id:spasexrom:20180526130621p:plain

では波形をみます。

f:id:spasexrom:20180526130735p:plain

ちゃんとしたハイレゾになっていますね・・・

音はとても良いです。

導入も使用も簡単なのでぜひ使っていただきたいですね。

 

 

 

これらのアップサンプリングのソフトを適切に使えば、お気に入りの曲のハイレゾを新たに買い直す必要もなくなりそうです。