プアオーディオブログ

貧民のためのオーディオと趣味のブログです。

ハイレゾ再生が可能な高音質再生ソフトを7つ紹介

ハイレゾ再生が可能な高音質再生ソフトについて考える - プアオーディオブログ

上の記事ではPCオーディオを楽しんでいる方からすれば、非常に常識的でありきたりなソフトを3つだけ紹介しました。

 

 

ここでは、更に上の音質を目指す上で必要なソフトウェアをいくつか紹介したいと思います。

個人の感想にはなりますが、ランキング形式で、順位をつけさせていただきます。

いずれのソフトウェアでもハイレゾ(192kHz/24bit)の再生が可能です。

  1. JRiver Media Center
  2. Bughead
  3. Wave Pcm Upconvert Player
  4. XXHighEnd
  5. PlayPcmWin
  6. cPlay+cMP

  7. Stealth Audio Player

 各評価の最後に公式サイトへのリンクがあります。

 

 

 

ここでは評価の内容、評価するときに使う言葉について定義することにしました。

 

 

 音質100点満点で評価します

 

語彙力がありません。

できるだけ簡潔明瞭に感想を書きたいと思いますが、曖昧な表現があります。

ごめんなさい。

JRiverMediaCenterがリファレンスです。

 

 

テンプレ


解像度
クリアさ
情報量
音の傾向
音の広がり方

その他

 

これらについて評価します。

 

表現

解像度の高さについての表現を定義したいと思います。

 

圧倒的に高い。・・・・最上級

極めて高い。・・・・・2番め

非常に高い。・・・・・3番め

高い。・・・・・・・・普通

 

というふうに階級を分けていきたいと思います。

 

音の広がり、立体感について

ここでは、下記の図を使って、音の広がり、立体感について考えます。

縦方向もあると思いますが、よくわからないので前後左右の4方向だけにしました。

 

f:id:spasexrom:20180616155159j:plain

 

自分の頭の方に来る音をF

左右に広がる音をLとR

後ろの方に広がる音をB

として考えます。

LR方向に積極的に広がる音を「平面的な音」と、ここでは定義します。

FBLRと、全方向にバランスよく広がる音、三角形BLRを作る音の広がり方、三角形FLRを作る音の広がり方、この3つを「立体的な音」と定義します。

 

環境

f:id:spasexrom:20180616151427j:plain

貧弱ではありますが、上記の環境にて聴きます。

貧困のためのオーディオなのでゆるしてくださいませ。

 

 

比較に使った楽曲

f:id:spasexrom:20180616151658j:plain

   Pure-AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICSから夢想歌

 

 

f:id:spasexrom:20180616152124j:plain

一青窈ハナミズキ

 

 

f:id:spasexrom:20180616152221j:plain

軌跡 jdk アクースティックスからセルリアンブルーの恋

 

 

 

f:id:spasexrom:20180616152312j:plain

Waltz for DebbyからWaltz for Debby

 

この4曲をそれぞれのソフトで聴いた感想です。

 

 

JRiverMediaCenter(JRMC)

解像度は高く、クリアな音です。

情報量は普通です。

音の傾向は若干高域よりな印象をうけます。

LR方向への広がりが強い、平面的な音だと思います。

 

85点です。

 

www.jriver.com

 

 

Bughead

最強です。

B方向に広がりを持った、立体的な音だと感じました。

解像度は圧倒的に高く、クリアーかつ明瞭な音です。

スッキリした音で、フラットな傾向だと思います。

小さい音まではっきりと聴こえます。

JRMCにくらべて情報量が多いです。

98点の音です。

oryaaaaa.world.coocan.jp

 

WavePcmUpconverPlayer(WPUP)

ビット拡張と高域補間をしながら再生してくれるソフトです。

音質はクリヤーでJRMCに比べて、若干FB方向への広がりを感じます。

解像度は高いです。

86点です。

 

下記リンクよりサイトにアクセスできます。

Wave Pcm Upconvert Player / DSD to PCM Converter

 

XXHighEnd

なかなか聞かない名前ですが、超高音質プレーヤーであることは間違いありません。

めちゃくちゃ怪しいソフトウェアです。

音質はとても良いです。

 

解像度は高いです。JRMCと同等です。

とてもまろやかな音質です。(高音が刺さらない)

厚みのある音(中音が豊富?)で、心地よい音をだします。

情報量は多めですが、Bugheadには及ばない感じですね

FBLRの全方向に程よく広がり、ひし形を描くような、バランスの良い立体的な音です。

96点です。

f:id:spasexrom:20180616162702j:plain

 

www.phasure.com

 

 

PlayPcmWin(PPW)

WASAPI専用のようです。

重厚な音です。重厚な音とはなんでしょうね。

f:id:spasexrom:20180616162434j:plain

こんなイメージです

かまぼこですか?

 

情報量はJRMCと同等、解像力も同程度です。

 

85点です。

 

https://sourceforge.net/p/playpcmwin/wiki/PlayPcmWinJp/

 

cPlay+cMP

cPlayは

cMPという、パソコンの機能を止めるソフトと併用するといいらしいです。

f:id:spasexrom:20180616163053j:plain

デスクトップが消えてしまいました。

 

解像力は非常に高く、Bugheadに迫ります。

情報量はかなり多めです。

解像度、情報量はJRMCより上です。

傾向はフラットです。

音はB方向に少し広がります。

劣化版Bugheadといったところでしょうか。

94点です。

 

http://cicsmemoryplayer.com/index.php

 

StealthAudioPlayer(SAP)

GUIが存在しないプレーヤーらしいですね。

.batのファイルでの操作になります。

解像度は極めて高いです。

情報量はcPlay+cMPと同等。

高域に力の入った音だと思います。(少し刺さるか?)

F方向に音が出てくる感じです。

93点です。

 

Minimalist Audio Player

 

 

Bugheadが頂点。

その下でXXHighEnd,SAP,cPlay+cMP3つが競う形になりました。

上位4つは難易度が高い(使うのが面倒くさい)分、音も良いようです。

 

JRMC,PPW,WPUPの3つは簡単に使える分、音のレベルは低下する、といった感じでしょうか。

 

 

他の有名な音楽再生ソフトについて

この手の「高音質音楽再生ソフト」と呼ばれているもので人気なのはfoobar2000MediaMonkeyLilith

といったソフトたちです。

はっきりいいますと、上記4つのソフトはここで紹介した7つのソフトに音質で負けています。

 

ここで紹介した7つのソフトに比肩する音質のソフトはHQPlayerとJPLAYだけです。

ただ、(音楽再生ソフトとしては)あまりにも高額です。

 

まとめ

使い分けが大事。